読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAMALOG

プログラミングがあれば遠いところへ行けます。プログラムと人の共生を記録します。

NodeJSでTwitterにTweetする

今日は、NodeJSを使ってTwitterTweetしてみました。

環境

Mac Book Pro/Yosemite

NodeJS
  • nodeとnpmをターミナルにインストールします。
  • 作業用ディレクトリを作成します。
  • npmで、twitterモジュールをインストールします。
Twitter
  • Twitterアカウントを作成します。
    • このとき、電話番号の登録が必要です。のちにアプリケーション登録のときに求められます。
    • 電話番号の登録がうまくいかないときは、ページをリロードしてもう一度試してください。
  • 作成したTwitterアカウントにログインします。
  • 開発者用サイトへいきます(Twitter Developers
  • サイトのフッター付近にある、Manage your application( Twitter Application Management)のリンクにアクセスします。
  • ここで、情報(アプリ名、アプリ説明、URLなど)を入力します。
    • 私はURLにTwitterアカウントのURLを記入しました。
  • Keys and ...タブの下のほうのYour Access Tokenから、トークンを取得します。
    • Tweetするには以下の4つが必要になります。
    • Consumer Key (API Key)/Consumer Secret (API Secret)

コード

トークンは各自取得したものを追加してください。

NodeJSでTweet(node-twitter必要)

ついにTweet

  • ターミナルで以下を叩けば、ずらずらずらとレスポンスが表示されるはずです。
  • errorと出た場合には、同じツイートを連続で送信している可能性があります。
  • 最後にtweetされているかどうか、作成したTwitterアカウントにアクセス!

おわり

  • これだけの手順でTwitterTweetできました。かなり便利です。
  • ほかにも、特定ユーザのタイムラインを取得することができます。
  • データベースに他人のTweetを格納して、人工無能を作ることもできそうです。

Twitter API エンドポイント一覧

syncer.jp

参考リンク集

以下は参考にしたリンクたちです。